621号を塗り替えました。

 皆様こんにちは。GWは如何お過ごしでしょうか?
私はGW期間中、北九州線車両保存会の仲間とペンキにまみれる日々です。
今年のGWは621号を旧西鉄標準色に戻すことにしました。
山家への移送から6年が経過し、部分的に進めてきた板金によってマダラ模様になってきました。また白は汚れが目立ち、色の隠蔽力が弱く、何度も重ね塗りをしないといけないなどデメリットがありました。丁度、塗料のストックもなくなってきましたし、かまぼこバス用の塗料も発注したのでついでに旧西鉄塗装の塗料も作ってみました。
旧西鉄塗装は200形の保存時に生塗料を頂いていたので、それをサンプルにコピーを行いました。200形全廃以来、約15年ぶりの発注と思います。
保存会としてはこんな塗料の保存も何かの役に立てばと思い、何時でもコピーを作れるようにしています。
当保存会は素人集団で、塗り方は決して上手とは言いがたいです。板金のやり方、下地処理、本塗装は吹き付けではなく刷毛塗りと素人仕事です。
   言い訳がましいのですが・・・ ^^!
当保存会は車両を「自分達の力で、お金をかけずに、継続的に」保存することが目的です。確かに本職さんに頼んでお金をかけて塗れば綺麗なのでしょうが、それを継続させるのは大変です。むしろ、自分達で勉強しながら、試行錯誤し、続けていくことが重要だと思っています。自分で整備した車両は愛着も湧くし、作業中の会話が会員相互の交流になります。
本当はね・・。もっと上手くなるといいんですが・・。それは私達の成長次第です。
理想はまだまだですが、ゆっくり時間をかけて成長していく、でも決して簡単には終わらない、そんなスローライフな保存活動・・。
許して貰えますでしょうか・・。^^
さぁて GWです。
働きますよ~~~~。

上半分から塗装開始です。
特に窓周りや稼動部は注意して塗っていきます。
薄く何度も重ね塗りするのが綺麗にするコツです。

塗る面は事前にサンダーをかけて表面を少し粗くしておくと食いつきが良く後から剥がれ難くなります。


上半分の塗装を先に進めていきます。
何か非常に違和感のある姿・・・。

後半は下半分の赤を塗装していきます。

非常に隠蔽力が弱く、何度も薄く塗り重ねていきます。

2日目終了時、ボランティア一同で記念撮影。
福岡県全域、遠くは関東から参加頂きました。

3日目はより塗り重ねてムラをなくしていきます。

4/30現在の姿です。
ここまで大まかな塗装を終え、残りのGW期間中に細部の仕上げと、薄い塗料を吹付け表面を綺麗に仕上げていきます。
GW期間中の3~6日は様々な作業を続けて参ります。
是非一度、621号を見にお越し下さい。
また出来れば、お越し頂ける方は軍手を手に取り、少しだけでも621号に手を加えて頂けると愛着が沸くかと思います。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

621号を塗り替えました。 への3件のコメント

  1. デイトス より:

    はじめまして。
    旧塗装への復元に大変驚きました。
    旧塗装の車両にかまぼこのバス・・・、そこだけタイムスリップしたかのようですね。
    一点、気になった事があるのですが・・・。
    北九州線の車両は窓下のシールまで赤なんです。福岡と北九州で塗り分けを区別している、と以前北九州線関連の掲示板で読んだ事があります。
    福岡市内線に転属という設定ならこれもアリ?
    完成を楽しみにしています。がんばってくださいね!

  2. てっしぃ~ より:

     デイトス様
    そうなんです。間違っています。^^!
    塗った後で保育社の西鉄で確認したら凄く違和感があるんですよね。
    ということでGW後半の3日に修正をしておきました。

  3. より:

    こんにちは。
    いつも精力的な活動、大変尊敬してます。
    私も少し離れたところから今後の活躍を見守っていきたいと思っています。