台風の中の天竜二俣修復

7月14.15.16日は天竜二俣へ。
皆で秋までにナハネを仕上げたいと勇んでいたのですが・・。
大型台風の直撃により大幅に作業が進まずに不完全燃焼です。

暴れ川と呼ばれるらしい天竜川。
台風一過で凄い増水・・・。あともうちょっとで堤防越えそう・・。
こんな中、修復をやろうという私らも好きやね。

天気が悪いのでキハの車内整備です。
扇風機を綺麗にしましょうか。

中学生の皆も塗装が上手くなりました。
今や貴重な修復WGの戦力です。

キハの元溜めに工作中。

コンプレッサー側は塞いでしまいます。

一般用のコンプレッサーを繫ぎ、実験開始です。
運転台の圧力計が動き、みるみる加圧されていきます。
これは面白い。山家でもやってみよう。
結果は1.8k圧までしか上がらず、何処かで漏れているようで次回以降の課題。目標は5k圧まで上げたいですね。
最終日、16日になってようやく快晴となりナハネの板金と塗装開始です。さぁてどこまでやれるか。

細かいところから青15号を塗っていきます。

一部だけだけど、非常に嬉しくなります。^^

天浜線側はまだまだこれからです。
でも少しずつ仕上がっている感じで嬉しくなってきますね。
なにより実車の補修をしていて楽しくなってくる時期です。

カテゴリー: 鉄道保存一般   パーマリンク

台風の中の天竜二俣修復 への3件のコメント

  1. キヨ党 より:

    これは私が保有している「全国保存鉄道 西日本編」で紹介されています。

  2. てっしぃ より:

    そ~ですか・・・・。 ^^!

  3. キヨ党 より:

    一日早くナハネが修復されるといいですね。
    ゆくゆくは鉄道公園として整備されてほしいと思います。
    福岡から天竜にわざわざ足を運ばれ、ご苦労様でした。