山家作業日 12月定期作業日 

福岡も一気に寒くなってきました。
皆様はお元気にお過ごしでしょうか。
何だかんだで12月はほぼ毎週末誰かが何かをやっている北九保存会。
こちらは超元気です。

中ドアが開いた。^^
折戸ドアは上下に止めてある箇所と滑車、蝶番が腐食してしまっていたのですが、無理やり開けるとドアが根本から折れてしまうので触らないようにしていました。
その間、各所に556→粘度の低い潤滑油の順番で挿してはハンマーで叩いて染込ませて錆を落としてきました。
油が染込んだのを確認して少しずつそっと動かしてみた所、機能を取り戻し滑らかに開閉するようになりました。

根本の腐食は激しい。
この後は錆を除去してFRPとパテで仕上げていきます。

非常口ドアも下部の腐食が激しく、FRPで成型していきます。

年少者は電動工具を使わない作業をお願いします。
一生懸命ホイールの錆を落としてくれました。
次回は塗装ですね。

取り外された621のパーツの数々。
これは、車内ドアコックの蓋ですね。
しかしまぁ・・・丁寧にグラインダーかけてくれたものです。
塗装を完全に剥がしてしまってます。現役時代もここまではやらないぞ。

内装のクリームは車体のクリームと同一と思われるので吹き付けで塗装。
おぃおぃ、レールに塗料が付いちゃったではないか。

12月頭から激しく剥がしていた線路側の屋根周りも仕上げに入りました。

折角、クリーム出したので今日中に塗ってしまいましょう。

終了状況。
年内に621は綺麗にしてしまいたいな。
第五土日も誰か何かしているはずです。
参加の皆様、毎度毎度ありがとうございます。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。