324塗装

4月27日 土曜日作業

マルーン、一斗購入

今回はサーフェイサーを使ってみることにします。
サーフェイサーは本塗装のノリを良くする為の下地塗料で、元塗装を隠蔽し、小さな傷を消してくれます。

まずはサーフェイサーを吹き付け開始。

段々土佐電の面影がなくなっていきます。

屋根に塗料が付かないようにマスキング。

上半にも吹き付け。

屋根機器の塗装も始めます。
黒は西鉄っぽくない。灰色に戻します。
ここは筆塗り。

丁寧に縫っていきます。
2日かかりの大仕事でした。


いよいよ白一色に。

銘板も定員がパテで生めてペイントになっていたので掘り出して原型復帰。

下地も整ったので
いよいよ本塗装。クリームを吹き付けていきます。
結局、作業は深夜まで及び、上半を吹き終わりました。

翌日の状況。
ばんめし

誰かが言った。
腹減りましたねぇ・・・・。
ってことでまたしてもトリプル君+丼
「聖闘士に同じ技は2度通用しない!!!」

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。