お盆ライトアップイベントやります!


 お盆ライトアップ
 GWに続き、通常の公開日とはちょっと雰囲気の違う、夏のイベントを行います。今回は夕方からの開催です。普段は昼間しか公開していない電車にライトを付けて夜間公開します。
現役時代、薄暗い中で見た路面電車さながらの懐かしい雰囲気満点のイベントにしたいと思います。
帰省に合わせて、懐かしい電車との再会にお越しになられては如何でしょうか?
 時   8月16日 土曜日 
     15時~20時
 場所 筑前山家駅構内
 夜店、バザーなど手造りのお祭りを企画中。
っというイベントを企画中です。
本ブログは不肖てっしぃ~自身が若輩ながら色々お痛をやりながら楽しく熱い生き方を模索していく趣旨(?)のブログ(そ~なのか?^^)なのですが、
北九保存会もまた生き方を模索する存在であると思うんです、枯れないで生き方を模索し続けている以上、僕らの中で北九州線は終わっちゃあいないんです。既に廃止から7年が経過しましたが、現実に僕らは毎週末の様に飽きずに通って北九州線を日常として接しています。冗談じゃなく、北九州線は僕らの中だけでは生きているんです。
生き方を模索する中で見えてきた点は、この北九州線のある日常を感じてくれる人を増やせば、それは究極の保存であると思うんです。保存するのは電車という物体ではなく、電車がある空間を保存する。関わる人が増えてそれが活性化して規模が大きくなれば動態保存になるんじゃないかな。さらに言えば現在窮地に立っているローカル線が人々の生活の中で日常(いつも愛着を持って利用する)になれば廃止にならずに済むのではないか?
昨今、鉄道系のミュージアムが隆盛です。とりあえず今は良いことだと思うんです。しかしながら物足りないです。鉄道って日常の存在ではないですか?器(建物)の中でショーケースに飾られる鉄道は日常ではないですよ。
僕らも今はまだまだ、理想は高いが力及ばずな会です。電車を日常に復帰させる為に何をして良いかも良く判っちゃあいません。
今回のお盆イベントでは多くの方に関わって頂く為の可能性を模索するイベントです。ミュージアムでは出来ない僕らなりの保存の形を作っていきたいと思います。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。