線路がなくなる・・・・。

片上鉄道の本線は300m
たった300m、されど300m
乗ってしまえば1分もかからない、風景は田舎の何でもない風景。
しかし300mの維持にどれだけの労力を必要とするか、廃止されて17年間そのままの状態で残り、10年間月一回だけだけど列車が走ってきた線路が未だかつて日本にあったでしょうか?
ここはは奇跡の300m。

本線300m
動態保存列車は本線を走り、折り返し地点でエンド交換を行う。
分岐を切り替え、踏切が降り、信号係からの無線が入る。
今、正に出発信号が青を現示しようとする。
緊張が走る瞬間だ。
その光景はまるで現役の時の様だ。
ベネチア映画祭へ出た北野武監督のアキレスと亀ではこの300の本線でロケが行われました。
http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/
http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/akiresu.htm
予告編で702号が本線で佇んでいます。

折り返し地点に佇む303号、線路はこの先で虚しく途切れている。
奇跡の線路は途切れ、その先には鉄道の廃止という現実が待つ。
でもここだけは変わらない は ず だ っ た ・・・・。
この奇跡の300mに暗雲が立ち込めることになってしまいました。
美咲町緑町地区の道路整備にともない、「柵原ふれあい鉱山公園」第2駐車場北側への道路敷設および、旧片上鉄道の軌道を一部撤去し、道路用地とすることになったとのこと。
これらは生活道路であり、その建設は十分に理解出来るのですが、この線路を簡単に撤去してしまうのも余りに惜しいことだと思います。
この300mが片鉄の現役そのものの風情を残す大きな魅力であり、多くの方に感動を与えられるものだと思うのです。
今一度、計画を練り直し、少しでも景観に配慮出来る形での線路の保存は出来ないものでしょうか?
まずは保存会で署名活動を始めました。
どこまで出来るかは判りませんが、多くの方に知って頂き、署名を頂きたくご協力をお願い致します。またこのことを広めて頂きたく存じます。
そして、署名だけでなく、この奇跡の線路をお訪ね頂き、この線路の意味を感じて頂ければ幸いです。
『 旧 片上鉄道の情景保存と 展示運転の現状維持を求める請願 』
http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/syomei.html
いち鉄道ファンとして、多くの鉄道の廃止を見てきました。
その度に何も出来ない自身の無力さを感じてきました。
今、一度は廃止の憂き目に遭いながらも、奇跡的に生きてきた小さなおとぎの国の鉄道まで廃止(?)されようとしています。

カテゴリー: 鉄道保存一般   パーマリンク

コメントは受け付けていません。