9月公開日 621号屋根に大穴

9月27.28日
621号、今月から修繕開始。
山家の車両は常にどれかが修理中です。
621号、屋根から雨漏りがするなと思いつつ、なかなか解決できずにいました。昨年、屋根の穴を塞いで進行を遅らせましたが、まだ少しづつ漏っている・・。
クーラーの下かもしれないって事ではぐってみました。

重いかな?外せるかなっと思っていましたが、
なんと剥ぐってみるとFRP製、一人で軽々分解できました。

ゴロン・・・。

やはり下に大きな亀裂&陥没あり。
剥ぐってみると鉄板が朽ちて大穴が・・。
内側からは平成8年の日経新聞がっ・・。おぃおぃ現役時代の施工かよ。


錆を落として、FRPを厚く塗り重ね、防水塗料を塗って仕上げました。
これで雨漏りが治ってくれればいいんですが。

側面も修繕開始です。
621の線路側は毎年やってもやっても痛みますねぇ。
永遠のイタチゴッコです。

錆びをグラインダーで落とします。

今月のお客さん。鹿児島からお越しです。

例の如く3並び。

某所から発掘した錆びだらけだったあれ。
手動で動くようになりました。
福岡市内線の復活も近いぞ~。
今月から暫く621号の修繕に入ります。
暫く見苦しいかとは存じますがご見学の際はご注意下さい。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。