長崎へ、大きいお友達大興奮


長崎電気のお祭りがあるっと聞き、わくわくする胸を押さえながら初のお祭りへ。
大きいお友達も混ぜてほしいのよ。

入り口、な~んか手作り感いっぱいで温かいお祭りです。

5インチの路面電車。こりゃかわいい。

こりゃ~わくわく。
架線整備の為の事業用車。横の石畳も気になる・・気になる。

今日の大本命168号。九軌の生き残りだ。大先輩じゃないか。
なんと今回は床下にもぐってみせてもらうことが出来る。
大興奮。 路面電車の構造を知るのに何とも勉強になるじゃないか。

台車。ブレーキロッドの配置、配線などが良く判る。
しかし、何ともまぁ綺麗な下回り・・。

汚れを綺麗にはぎ落とし、駆動部分には綺麗にグリスと潤滑油が塗り込まれ、ロッド類もガッチリと保守されている。
これが現役車であり、手間がかかる機械仕掛けの時代のよく整備された機械です。
これは惚れ惚れするわ~。
山家の奴らもここまでやってみたいなぁ。

抵抗器。
下から見たのは初めて。ほ~こんな取り付け方しているのね。

車内。
非常にシンプル。大きな手ブレーキがこの時代の特徴ですね。
あとはマスコンと直通空気ブレーキ、圧力計しかないのね。

建屋の中で展示されていたブレーキ弁の分解品。
んん~。こうなっているのか~。山家でも全国の路面電車で使われている形ですね。

トロリー用の部品。
これは横のワイヤーに対して、斜めに取り付ける部品だそうで色んな角度に調節できます。
しかし、近くで見るのは初めてだ。こうなってんのか~。
これら、部品コーナーで中古品がなんと¥100だったのでお勉強用に全種類買って帰りました。
鉄分いっぱいだが腹は減るのだ。

キッチンセイジのトルコライス。
うまいのだ、これが。
長崎に新名所ココウォークっつうショッピングセンターが出来たんですよ。
ここにこんな美味しいものが。

これは紛うことなく本物バス・・・・。
小さいお友達の人気者でした。
これを作った担当者のセンスは只者ではないぞ。
最後に長崎でとんでもないものを発見してしまい、どえらく驚いてしまいました。結果も報告出来るといいな。
行ってよかった。また来るぜ長崎。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。