324号は2度走る

一週空けて、324号の移設の続きを行いました。
今日は前回とうって変わっての晴天。暑い日でした。
またこの季節がきたか~・・・。

外した排障器を会員がコツコツと綺麗にしてくれていました。
移設完了の折には綺麗な排障器でお披露目しよう。

次のスパンは仮線ではないので本線と同じ工法で施工します。
丁寧に枕木を並べていきます。さて、枕木の間隔ですが場所によってまちまちです。筑豊本線は600mm間隔、隣の側線は700mm間隔でした。う~ん、わしらは走るわけではないので900mm間隔にすることにします。
さて、並べた枕木にレールを載せる。
クレーンなどという文明の利器はない。
ここはバールでレールを転がして段差を越えます。

ごろんごろん。

一本づつ並べていきます。この時に枕木の片側は予め犬釘を入れておき、位置決めをし易くしておきます。

位置が決まればハンマーで犬釘をうちこんでいきます。
これがなかなか大変。本来は長い柄の付いたハンマーで打ち下ろしていくのですがコレは難しいのでハンマーで時間をかけて一個一個止めていきます。

完成。北九州に向けて5m新線が開業しました。 >▽<

今回の移動には文明の利器。自動車を使って牽引です。
しかし簡単には動かず、バールと人力併用です。
停止には車両の空気ブレーキを利用します。 ぷしゅー

「もう1m前!」
3回に分けて少しずつ前進です。

はい、ここが目標の定位置です。
621号と324号が顔を並べて留置です。
ここから本来の目標。
空き地を作る為には今日中に線路を10m撤去しなければなりません。
10m新線作って、10m廃線・・・。TдT
わしらが自由に走れる日はいつになるやら。

あぁ麗しの廃線。沢山廃線を見たけど、自分達で廃線をするのは始めてだぞ。
んで、線路ってどうやって撤去するのか。
まずはレールと枕木を分解です。

レールと枕木は犬釘でとまっている。
さっきの作業の逆やね。
取り外しはレールバールの先割れ側でテコの原理で引き抜く。

犬釘にかまして、ぐいっと押す。コレがなかなかはずれない。
そして更に問題は単純に倒しただけでは半分までしか出てこない。

その場合はバールの下に犬釘でも石でも丸太でも挟んで再度ぐいっと押す。
言うは簡単やけど、これ大変なんよ。
つくづく保線のお仕事は大変やと思うよ。

ぐいぐいぐい
ぬぬぬ抜けんやん!!おりゃぁぁ!!

貸してみ~。んんん。ホント抜けんやん。

こっちはいけんか、おりゃあああ!

ほりゃほりゃ、難しかろーが。^^
何とかすべてを抜き終え、レールを移動。
とりあえず、横に避けて邪魔にならない位置に持って行きます。
例の如く、レールの横移動は転がしていくのが安全です。

おりゃぁぁ。見よこの気魄。

ごろんごろん。

あ~つかれた。
あぁ、良い位置にレールが並んでるなぁ。1435mm軌道も引いてみたいぁ・・・。
別に他意はないよ。

レールを撤去したら枕木を運んで撤去。
何やら構内踏切みたい。別に他意はないよ。

今日の作業はここまでです。
期限内に移設ができました。
お疲れ様でした。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。