ちくてつ乗って木屋瀬宿へ行こう


今日はちくてつに乗ってお出かけです。
ちんちん!という車掌さんの出発合図の懐かしい響きを聞きながら黒崎から25分の短い旅の始まりです。
ちくてつは正真正銘、西鉄北九州線の末裔。少年の頃、涙を流してさよなら電車を見送った電車達が今でも姿を近代的に変えて走り続けています。
車内で音を聞きながら目を閉じれば、賑やかだったあの日の北九州線を思い出します。
今日の目的地は木屋瀬の宿場町。

木屋瀬宿の案内板



初めて来て驚きましたが、思った以上に古い建物が多く、通りをズラッと固めています。
まるで映画のセットのよう、いやいや、本物ですよ。
そして、そこに人の生活がある、街自体が博物館、つまり動態保存。
いいねぇ~。^^

まず行ったのは もやいの家。
ただ今、「木屋瀬もやいの家ひなまつり」というイベントをやっていました。
http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=20088

呉服屋だったという旧家を利用して2階までびっしりとおひなさまが飾られています。
その他所狭しと飾られた骨董品が素晴らしい。

おおぉ甲冑ではないか。

楽しませて頂いたのでお土産を買っていきます。
さぁ、腹が減ったので、飯だ。

ここ、ピアスペースのーてぃす
昼の定食は¥1365、健康的なお昼ご飯で時間がゆっくり流れます。

店内は畳敷き、表を眺めながらまったり。

食事の内容、日替わりで変わるとの事

デザート、今日はコーヒーゼリーでした。

次は正面の「旧高崎家住宅」

木屋瀬の中心的商家を復元して展示をおこなっています。
ざーーっと見て回って3,4時間、他にも資料館などがありますが、時間の都合で見れず。
ぶらっと小旅行にはぴったりじゃないでしょうか?
なんだか、伝統があって、健康的な時間を過ごすことができます。
こんな良い時間を過ごす為に車で廃棄ガスを撒き散らしてドライブではなく、折角、ちくてつがあるんだから、電車に乗って行ってみませんか?

カテゴリー: 通谷   パーマリンク

ちくてつ乗って木屋瀬宿へ行こう への1件のコメント

  1. きのなす より:

    ちくてつ良いですよね。
    JRなどほかの電車より好きです。
    まだ店にはいってないのですが、
    近くの高校に受験することになりましたので、
    もし受かればちょくちょく行かせてもらいます。