保存会のGW

2010年のGWは山家の作業が続きました。

現在621号の集中補修中。
今年で廃車から10年、傷みも進んで、どんどん補修しないと追いつきません。どんどん追いかけますが ^^

パテを盛って削っていきます。

高所の作業がなかなか難しく時間がかかります。

オデコの傷みも激しく今回殆どをやり変えました。
メシ!!!

王将の春日原店。天心飯がデカイ。^^

バスの屋根の補修にとりかかりました。
溶接機で張り替えていきます。
今回の目標はサイドの鉄骨を作り変えます。

まず、朽ちた骨を撤去し綺麗に削って行きます。

骨はホームセンターで買ってきます。
一本¥600 ^^

サイズを測ってカットし、ぴったり合うよう調整します。

溶接していきます。

スラッと一直線に並んだ骨が嬉しい。^^
現役時代より厚い骨が付きましたよ。

この骨を中心に鉄板を当てていきます。
しかし、今後継続的に溶接をするにはどうしても発電機では電気容量が足らず・・。
電気を引くことにするか・・。この山家の借地では難しいところもあり、
予算もないなかでどの様にやっていくか悩ましいところです。
まぁ、やれる範囲で完遂しないとね。

おぉ?何やら時期遅れの鏡餅が届きましたぞ。
しゅしゅっと塗装して

ベンチレータだけは21世紀型のFRPで出来た新品。
サイズもぴったり。綺麗過ぎて気持ち悪 ^^
朽ちすぎてて何処までかかるのか気が重い作業に何だか嬉しい清涼剤です。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

保存会のGW への1件のコメント

  1. 仙川 より:

    ちょっとおたずね致します。
    山家の保存車両の一般公開というのは
    現在も行っているのでしょうか??