門司港レトロ148号車内公開開始

明日、11月3日より門司港レトロで保存されている元西鉄北九州線148号の車内一般公開を始めます。

北九州市で唯一保存してある門司港の148号の公開を保存会でさせて頂くことになりました。
2010年11月は折尾ー熊西廃止から十年、今年は九州電気軌道開業から百年です。
門司港レトロに是非お越しください。
今週、148号の車内整備などを行い、5k圧を入れてブレーキを動かすことが出来ました。今後、電気なども触っていき現役時代に近付く展示を目指してまいりたいと思います。
「 西鉄北九州線148号車内公開開始 」
公開日:11月3日(祝)より土日祝日
時間:10時~17時
見学料:一人一日会員100円
【内容】車内を公開、一部機器を復元し、現役に近い雰囲気で展示します。
「3日初日のイベント内容」
●片上鉄道元祖駅長猫、コトラ駅長登場
10、12、14、16時に電車前に登場。
11、13、15時は潮風号めかり駅で一日駅長で勤務。
●鉄道バス部品販売
●記念品配布
その他、お楽しみをご用意しています。
明日は広島から元祖駅長猫コトラがやってきます。
その他、鉄道バスの部品販売などを行います。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。