大牟田市内線204号里帰り

元西鉄204号を光市より譲渡を受け、大牟田へ移設しましたのでご報告致します。
2002年にふるさと鉄道保存協会、北九州線車両保存会の有志による一時塗装をさせて頂き、以来頻繁に通えず、本格的な修復が出来ず、心苦しく思っておりました。
この度、大牟田市の有志の方々により募金活動と土地の提供を頂き、204号を福岡大牟田の地へ持ってくることが出来ました。
光での積込みの風景は多大なご助力を頂き、一緒に光へ作業に行って頂いたワシさんのブログで紹介されています。
ついに里帰りを果たす!! 大牟田を走った元西鉄204号
積出では私は大暴れ、七転八倒なので記録撮影も出来ず。でしたが、ワシさんのブログで上がっている様に引出で動く204号は感動的でした。
そして4月20日早朝。

福岡県は昭和50年以来36年ぶり、大牟田は昭和27年以来59年ぶりに帰ってきたことになります。
おかえりなさい。

まずは先日敷設した南線に台車を降ろします。
木南の軽量台車で戦時中の生産の特徴的な台車であることが良く判ります。
気休めかもしれませんが分解した機会に各部へ注油しときました。

ワイヤーで吊って車体を設置です。

設置完了。
見ての通りの荒廃振りです。
喜んではおれません。これから本格的な活動の開始です。
ぼちぼち作業を進めていきましょう。
光市の市民の皆様、光市図書館様、土地を貸して頂いた大力茶屋様、204号の会へ寄付頂いた皆様、ありがとうございました。
また2002年以来、204号に関った全ての方にお礼を申し上げると共に今後とものご支援宜しくお願いいたします。
是非大牟田へ204号に会いにお越しください。
場所は大牟田市、新大牟田駅近くの大力茶屋様の駐車場です。
大力茶屋様には土地を使わせて頂きましたので見学の際は是非うどんを食べて行ってくださいね。^^

カテゴリー: 鉄道保存一般   パーマリンク

コメントは受け付けていません。