方向幕のレプリカ製作ぷろじぇくと

最近、方向幕のレプリカを造れないか研究しています。

鉄道ファンなら、車体に付くサボや方向幕に惹かれるものがあるかと思います。

現在、621号、324号、148号、204号と元西鉄の車両の保存に関ってきましたが、その方向幕についてはほぼ失われつつあります。無い場所には時代の違う物を付けたり、実はプリンターで作った紙でしたというものを付けてカッコを付けている状況。

何とか、ちゃんとした方向幕を付けてやりたいなと思案している状況です。

実は違う物が付いていたりします。はい、情けない・・。

んで、理想はオリジナルを付けてお子さんにもガンガン回して遊んで頂きたい物ですが、オリジナルの方向幕って既に廃止から30年が経過すると手にも入らず、コレクターの方が持っていても数万円の値段が付いていたりします。

時々、オリジナル方向幕を使ってくれっと寄贈話を頂くことがあるのですが、受け取れるものではありません。

思うんですわ、保存会はオリジナルを大事にコレクションする場所ではないと思うんです。僕らはあくまで過去の継続を保存しようとしている訳であって、あの日の続きを演じているということで、電車は廃止にならなかったという別の未来の昭和86年6月を再現しているわけです。現代まで変わらず電車が存続していたら(変わらないなんてありえないんですが・・存続しても新型LRVがはしったろうし・・。)

オリジナルは何れ劣化するんだから、オリジナル方向幕は大事に保管してレプリカで気兼ねなく使い倒すのが良いんじゃないかと。動態保存ってそれの究極の話で、消耗品として現代のものにドンドン交換されていって元の物って無くなっていくんだな。SL人吉が何%オリジナルがあるかな?でもそれもまたオリジナルな訳じゃないですか。俺達は昭和86年としてのオリジナルを作る訳です。

昭和86年の現場で方向幕が破れて、在庫が無くなったら・・・・。多分新しく作るでしょう。^^

んで忠実に造ったレプリカを電車に付けて、お客さんにもガンガン回して貰って遊んでもらえるようにしたら良いんじゃないかな、現代に無理やり残された電車達も遊んで貰えたら幸せかなっと思う次第です。

製作するものは「福岡市内線幕~昭和50年」「北九州線~昭和60年」の二種かなと思っています。程よくほぼ全線が入って、カラフルで楽しい時代の物。

俺はコレクターはじゃねぇ~!とかカッコ付けながら実はオリジナルは一通り持っていたりします。やっぱオリジナルはオリジナルでえぇ ^^

東車庫前、祇園町、城西橋、千代町、天神、西公園、今川橋、西新、貫線径由室見橋、姪浜、貝塚、九大前、箱崎、城南線経由西新、六本松、博多駅、城南線経由博多駅、築港経由博多駅、博多駅>住吉廻り、博多駅>築港廻り、天神>築港廻り、城南線経由室見橋、城南線経由貝塚、博多駅経由貝塚、渡辺通一丁目、天神渡辺通博多駅、博多駅城南線六本松、博多駅貫線姪浜、博多駅城南線西新、博多駅貫線西新

葛葉、門司駅前、赤坂、大門、砂津車庫前、門司、折尾、戸畑、砂津、黒崎車庫前、幸町→門司、幸町→砂津、中央町回り、幸町回り、回送、貸切、八幡駅前、中央町、幸町、試運転

 

とまぁ、製作は技術的にも資料的にも可能なのですが、保存会用に10本づつ製作すると値段はびっくりするぐらいの高額です。これに資金を費やすなら、ペンキ代でも充てたほうがまだましな金額です。

そこでご相談、100本製作しても倍額まではいきません。ロットが増えれば一個当たりは安くなるものです。100本ですと、福岡市内線¥15000、北九州線¥10000ぐらいでいけちゃいます。

100本作ったら、一本¥10000~¥15000で欲しいぞ~!っという方いらっしゃいませんか?同じ物が現行の保存車両に取りつけられるので昭和86年製の本物になります。本物が電車に入って、それに貢献したことになります。

問題点は幾つかあって、関係各所の了解とか色々あって製作自体はこれから色々動かねばならんのですが、この ぷろじぇくと 乗ってやるっという太っ腹な方がいらっしゃったら 私てっしぃteshi729@yahoo.co.jp宛へご連絡ください。50本ぐらい集まったら造ってしまいます。残ったもんはイベントで売りますかね。

追伸

データ製作中です。イラストレータで画像をトレースしてデータ化し原稿を作ります。

まずは一本、北九州線版を試作で造ってみることにします。

カテゴリー: 北九州線車両保存会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">