ヨ9001表記入れ

先日行ったヨ9001の全塗装の続き、表記入れをやってきました。

今回の整備では、これまで新製時をイメージした青一色の表記にしてきましたが、たまには気分を変えて、末期の黄色帯で香椎常備で北部九州で活躍した時代にしてみました。

この姿のほうが、写真が沢山残っており、思い出のある方も多いのではないでしょうか。

気分次第で色んな塗装や表現を楽しめるのも実車が残っているからこその楽しみですよね。

21世紀仕様で、カッティングシートで黄色帯を表現。貼るのになかなかコツがいりますな。

現物あわせで切って張って、よいしょよいしょ・・。

因みに帯びの幅は200mmでした。

昭和51年4月若松、全般検査表記。今が昭和86年なので35年前ですね。

黄色帯でロヨになっています。

珍貨車感一杯の黄色帯もなかなかおつなものですな。^^





カテゴリー: 鉄道保存一般   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">