中国シンセンへ

模型制作のため最近は足繁く中国へ通っています。

良いものを造るには工場へ通うのが一番。企画、製造、輸入、販売。全てをやるのが最も近道です。

以前は香港経由、シンセンやジュハイでしたが、最近は福岡から広州がお気に入りです。

以前は福岡から香港へJALがあったんですが、今はキャセイパシフィックとドラゴンエアーの2便体制。キャセイは台北経由で時間がかかるのと、ドラゴンは時間が遅いのでいまいちです。

中国南方航空は広州まで直行。時間はドラゴンと大して変わらない時間帯ですが、中国へ一発で入国できるのが良いですね。

福岡から月水金で出ています。直行で4時間。対中国で言えば福岡が東京より地の利がありますね。福岡人はチャンス。若者よ東京行くなら中国を開拓しよう。

広州白雲空港からは地下鉄30分で広州東駅。そこから高速鉄道に乗ります。

メンピ(免費)!という言葉が大好きな私め、ふらふらと寄って行きます。何々?水くれんのか。

駅ではミネラルウォーターがもらえるのが中国の伝統なのでしょうか?

切符です。窓口でパスポートを見せたら売ってくれます。投げるように(笑)

往年の国鉄でもこんな酷い窓口対応はないってぐらいぶっきらぼうです。

決して嫌われている訳ではなく、そんな文化なのでしょう。中国では小さいことに怒らないことが生きる秘訣のようです。

車内はなかなか快適です。中央で向い合わせのシートは日本人には違和感あります。

一時間ほどでシンセン。左の建物が駅舎です。昔より遥かに落ち着いた街になった気がします。

ローウー口岸 正面はといい、シンセンと香港の国境です。

ものすごく大きいイミグレーションがあり、歩いて渡ります。香港経由の場合はここを通ります。

シンセンは大きい街で、高層ビルが立ち並ぶ現代中国の巨大都市です。

我々日本人のイメージする中国とはかけ離れたものです。

さてさて、ここまでは観光客も行き易く、まぁ言うなれば特別な中国。西側化された余所行きの中国。

私がいくのはここからリアルディープ中国へ。   もうまともな乗物も、コンビ二もありません。

ローウーからロンガンへ

日本人は乗らないそうで・・・。これに乗って人民と共に行きます。

いやぁ~ 良い感じ。 旅情溢れる。 

おねいさんが時間になると切符を売りに来て、15元 ^^

ここからこの小型バスで高速をぶっ飛ばして、工場へ向います。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">