日田天領水のブルトレ

巷では九州新幹線が開業し、東北では青森まで新幹線が走る時代。皆様如何お過ごしでしょうか?

最近のお子様曰く、はやぶさって新幹線らしいですよ。う~~~ん。

はや九州ブルトレは遠くになりにけり。無くなってしまうと無性に懐かしい。

これですよこれ。寝台特急といえばこれですよ。

ここは大分県日田市に保存されたブルートレイン。短いけどあの日のままに保存されています。

場所はJR日田駅から車で5分程度の 日田天領水 の敷地内。

すぐ横は道の駅風になっていて誰でも見ることができます。

後尾は スハネ14 5、エンジン付は色々使えますねぇ。

嬉しいことにA寝台車 オロネ15 3005

ED76の車内は見学可能で、運転席に入ることが出来ます。

車内の機器は撤去してあり、ベンチと説明版があります。

入口には駅舎風の建物が建っています。

駅内は鉄道グッズのショップになっています。

Nゲージも置いてあります。

ほぼ毎日開けてあり、見学が可能です。ブルトレに会いたくなったら是非日田天領水へお越しください。

カテゴリー: 日記, 鉄道保存一般   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">