1000系を「Nゲージ化」して走らせる

ディスプレイモデル1000系を 「Nゲージ化」して走らせる。

今回の製品の大きな楽しみ方です。今回の製品はNゲージ化を大きく意識した製品になりました。

鉄道模型の初心者の方には何のことやら?かもしれませんが、

「Nゲージ」の定義は9mmの線路幅の鉄道模型の国際規格で遊べるものだと思います。

Nゲージには国内外の多くの製品がありますが多くの点で規格を共通部分があり、多くの他社製品の組合せで遊ぶことが出来ます。

今回の製品でも様々な製品を組合せ、1000系ディスプレイモデルを「Nゲージ」に進化させてあそんでみます。

一本造ってみましたので解説いたします。

私が今回用意する材料は以下の製品です。色々な製品があるので各自研究されてみてください。

●パンタグラフ KATO11-405 阪急用下枠交差パンタグラフ(2個入り) ×2セット

●台車 グリーンマックス5010-1 KH55タイプ(2個入り) ×6セット

●動力ユニット TOMYTEC TM-08  20m級動力ユニット ×1セット

このままでも走りますが、連結器をTNカプラーにするとよりカッコ良いのでやってみます。

●連結器 TOMIX 0337 密連型TNカプラー (6個入り) ×2セット (10個を利用)

まずは台車の交換。センターピンは1000系のものを使ってください。ピンによって甘いものもありますので少し広げて組んでください。

床板は両側からそっとこじると外すことが出来ます。連結器も外せるのでTNカプラーにしてしまいます。

TNカプラーがぴったりはまります。

動力は床下機器を移植、また台車の再度はGMの台車を切り取って、ゴム系接着剤で接着してください。動力台車は軟質樹脂なのでABS用は接着できません。瞬間接着剤は絶対に使わないようにしましょう。

パンタグラフも簡単に外れます。軽く接着剤でとめてください。



Nゲージ化改造。上級者は是非やってみてください。^^

カテゴリー: 模型   パーマリンク

1000系を「Nゲージ化」して走らせる への2件のコメント

  1. ちゃま より:

    こんにちは。
    朝から並んで無事に購入できました。
    2時間前だと大げさかなと思いましたが、結果的に早く並んで正解でした。

    Nゲージ化に必要なパーツも早速手配しました。
    台車は手元に形状が酷似しているJR201系のジャンク品があるので、それを使用したいと思います。

    それでは、続く1000N形も楽しみにしています。
    1000形が沢山売れたら次は2000形も是非とも宜しくお願いします。

  2. てっしぃ より:

    >>ちゃまさん
    朝早くからありがとうございました。
    是非N化して遊んでみてください。^^

    福岡地下鉄2000系、是非やりたいですねぇ。
    きっと何時の日か作れると思います。
    その時は今回の経験を元にもっと進化した模型にしたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">