20年ぶりの下津井

所用ありて岡山県。

時間あるので瀬戸大橋見に行こうって鷲羽山へ

おぉそう言えば、下津井電鉄の跡ってどうなったかなと~現役最後の年に行って以来、20年ぶりに訪問。

瀬戸大橋、麓の鷲羽山駅跡。良い雰囲気の遊歩道になっていました。

森の中から電車が来そうです。

鷲羽山駅の下津井側、海側に廃車体がありましたね。

下津井駅へ、前回はメリーベルで来たのでこの集落が物凄く狭い道でしかアクセス出来ないことを知りました。

駅舎は数年前まで残っていたのですが、解体され、綺麗に整備されていました。

線路が一部復元されています。そうそう、この位置で記念撮影をしましたね。

線路はカクカク、展示運転にはも少し手入れが必要だけど、いけそうな雰囲気。

昔、保存車両の展示場所だった場所に現役末期の車両が残してあります。

井笠と貨車は外に出てきています。何だか今にも走り出しそうなロケーション。

いいよなぁ~、保存って、車両、場所、ロケーション、人でその価値を高める

下津井には可能性が残っている。こんな条件の場所って、梅小路か吉ヶ原ぐらいかな。

俺らなら、砂津か折尾辺りが公園化して、一部を復元しているみたいな感じかな。

下津井みなと電車保存会さんの案内板もあり。 いいね。

カテゴリー: 鉄道保存一般   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">