広東より生存報告

今週は広東省へ行っています。

新製品の仕込みと新規工場の開拓など、色々面白いものを見聞き出来て有意義な日々です。

中国では反日デモが吹き荒れていて、私も18日に遭遇しましたが、報道されているほど大げさなものではないかと思います。粛々とデモがあっている感じで公安が張り付いて管理されている感じです。

日本人は慌てず、騒がず、近寄らず。で無視していれば良いかと思います。

後は相変わらず、大らかな中国人と仲良くバスに乗ってたり、ぼったくりのタクシーと言い合いしたりして、元気に生きています。

意外と気質が合うんです。^^

あれだね。TVとか新聞とか見過ぎちゃうとフィルターにかかった情報だけで世間を見てしまう癖が付いちゃって、中国は怖いとか、戦争になるんではとか偏見ばかりが進んじゃってしまう。特に今回の日本人の拒否反応は異常だと思う。

現地にって、現地の人と付き合って、生の反応で見るべきだ。中国人だって暇じゃないし、デモしている人達を笑って見ている。日本と中国は今や経済的結び付きは非常に深くて、日本なくして中国が成り立たないし、僕らにも着る服から食べ物、模型だって中国製ばかり、日本の社会がこんなに豊かなのも安い中国製品のお陰なんです。

中国は最大の敵であり友人。

特に若い奴は日本の偏狭な常識には囚われないで欲しい。日本で仕事がないとか、給料が低いとか不満を持ってないで、がんがん中国なり世界へ出て良い。日本人は世界最高の教育を受けて最高の贅沢を知っている優良ビジネスマンだ。

日本人が若い奴から一番変わらないと。まずテレビとか新聞とかに接するのを止める。親とか先生とか当事者でもない他人の意見は一切聞かない。安全圏に居ないで危ないことを本当に危ないか進んでやる。痛い目見るのが一番の経験。学歴とか職歴とか下らない物はとっとと捨てる。

生の情報と、自分でやってみることを一番大事にする。

 

はい、語るの終わり。

 

今回も広深線乗ったりします。大したことない距離を行ったり来たりなのに30分遅れてくるって高速鉄道としてどうなん??って感じですが、ここは中国。大らかに大らかに。

こんなバスでシンセンから東へ4時間、スワトウって所に行きました。

結構新しいバスで、懐かしのネオプランみたいなデザインHIGERって車種みたいです。

シートは革張りで中々良いです。

んで、具体的な成果は今は言えないので、追々書いていきます。

とりあえず生きています。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">