600形概要

今日9月29日、明日30日は二日市店で店番やってます。

届いた600の試作品を眺めながら、あーでもないこーでもないとやっています。ご覧になりたい方はお店へどうぞ。^^

 

さて、600形の販売形態ですが、下記の様に3タイプの前面を製作致します。

それぞれ、左から大牟田線新塗装、大牟田線旧塗装、貝塚線と作り分けています。

屋根はモ600、ク650で変えていて、冷房、非冷房でそれぞれ作り分けています。

床下はモ600、ク650で変わります。

正確に言うと床下も時代で変わっていくのですが、今回はモエ901、クエ902の床下を取材させて頂き、それをモデルとしました。非冷房や貝塚線では違ってきますが、そこはユーザー各位で工夫のこと っということにさせてください。

台車は川車621を極力立体的に作成しました。前作では走行に適さない構造になっていましたが、車輪の交換で走行出来るよう、取り付けを他社と互換できるようにしたいと思います。

とりあえず貝塚線用も川車621になります。こだわる方はTS301かFS342に変えてみてはと思います。

連結器の交換も対応させます。正確には西鉄600はトムリンソン式なので何を優先させるかなのでしょうが。

パンタグラフは明らかにオーバースケールのパンタグラフが載りますが、穴の大きさは統一していますので、リアルなものに交換されたり下枠交差形にするのも良いですね。

これらの使い分け、パーツの組み合わせを用いて

販売は、2両セット、モ600+ク650で大牟田線旧塗装、大牟田線新塗装、貝塚線の3タイプを同時に発売します。

値段は2両 ¥3150(税込)

発売時期は目標来年正月を目指したいと思っています。

 

カテゴリー: 模型   パーマリンク

600形概要 への4件のコメント

  1. hankyu0414 より:

    西鉄600は前からNでほしかった形式なので製品化はとてもうれしいです。
    ところでこの製品は東京で発売する予定はありますでしょうか?
    関東在住の自分としては近所で購入できたらいいのですが・・・

    • てっしぃ より:

      hankyu0414さん
      コメントありがとうございます。
      東京の方もご興味を持って頂けたことはありがたいことです。
      今のところ未定ですが、問屋さんから全国へ販売できたら良いなと思っております。
      通販はやりますので絶対に手に入れられたい場合は通販をご利用ください。

  2. むら より:

    はじめまして。
    10年以上前に亡くなった祖父が西鉄マンでした。
    私が物心ついたころ、西鉄特急は1000系(時に1300系)が中心で、時折
    600系が四角い「特急」マークを掲げて走っていました。
    今でも上下二色塗り分けのツートンカラーの時代が大好きで、何故だか、「特急」
    の看板よりも「急(福岡−津福)」の看板を付けた姿の方に子供心に惹かれました
    が、それは今でも変わりません。
    育ち大阪、大学から東京(以来25年ちょい)ですが、この製品化、心から歓迎
    しています。西鉄の旧マーク、期待しています!!
    東京で販売されないならば、通販で買わせいただきます!!

  3. てっしぃ より:

    むらさま
    ご期待ありがとうございます。
    鋭意製作中ですので、今しばらくお待ちください。
    急行は長く、津福行きのイメージがありましたね。
    600形の売れ行き次第で他の形式も考えたいと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">