600形増産風景

600形増産に立ち会ってきました。生産時に検査を行い、製品が間違いなく生産されるよう指導を行います。

また次回作の打ち合わせや、ヒントを求めての勉強など中国では充実した時間をすごせました。

工場では出来上がった模型が沢山並んでいました。遠い中国大陸の知らない街で我が街の電車が作られているのはなかなか感動です。

組立て前に塗装の乱れは無いか、欠損はないか検査を行います。

 

帯の赤色、社紋、窓の銀、Hゴムの灰色はタンポ印刷という塗料を載せていく手法で綺麗に塗っていきます。

ライトの銀は全てお姉さん一人の手塗り。ご苦労さまです。

出来上がった模型はバットに並び、組立てに向います。

製品は6月頭に完成し、船便で日本へ到着したとのこと。

20日発売で各地へお届け致します。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

600形増産風景 への1件のコメント

  1. 徳田 健司 より:

    てっしい様。600形ヒットしましたね。自分は次の新製品、宮地岳線も購入予定です。今回は直接二日市のお店に伺おうかと思っています。600形に次ぐ新商品も期待しています。しつこいですが、個人的には7000形、西鉄北九州線など・・・。んー考えだしたら想像が膨らみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">