200形修繕と一般公開のお知らせ

自宅に置いている西鉄200形。

以前整備してから大分時間が経って醜くなってきたので仕事の合間を見て整備してみました。いけませんねぇ、他所に一生懸命出張するのに家の電車がこれでは・・・。

(作業中の携帯写真ですいませんっ)

錆汚れが出て、塗装は褪せているものの、状態としては悪くは無い。1日しごとですな。

作業開始。錆をとって、パテを盛って、ケレンしての流れ作業。

木部の痛みが酷い部分があり、少々難儀。

ケレン中。

完成。あと屋根と下回りを追加塗装しましょう。

年末年始は初詣号サボを掲げておきました。

 

折角綺麗にしたので、多くの方に見て頂きたいと思いますので一般公開をしたいと思います。

日時 平成26年1月25、26日(土日) 12時~16時

場所 筑紫野市二日市西3丁目12-1

住宅街ですのでお静かにお願い致します。駐車場はありません。電車バスで徒歩でお越しください。車内は5名様ずつ入って頂き、運転席も可能です。当日は自由に撮影出来るサボ(甘木、本郷、北野、花畑、大善寺)を用意していますので譲り合って自由にお使いください。

当日は私が現地でお待ちしております。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

【二日市店】新入荷 26年1月

今年もよろしくお願いいたします。

さて、年末年始で二日市のお店も衣替えをして色々新商品が入っています。

リクエストの多かった 西鉄電車駅名キーホルダー ほぼ全種類入荷しました。

何処にも売っていない、売っていても揃わないっとお嘆きの方、たぶんもうここしか残っていないはずです。 一個¥525です。

新しい取り組みを始めてみました。全国の鉄道模型小メーカー様とお取引させて頂き、九州のお店や大型店では扱っていないようなマニアックな商品を集めてみました。こんな製品があったのか、まだ残っていたのかと思う商品ばかり、ある分だけ、定期的に入れ替わっていきますので時々見に来てください。

アソシエのフォトブック新刊が入っています。⑯福岡市内線と沿線風景⑰大牟田線と貝塚線 共に¥1500です。

ワンマイル二日市店 月火曜定休日 12時~19時



カテゴリー: 販売 | コメントをどうぞ

クモハ73修繕開始

広島から岡山吉ヶ原へクモハ73は移動。

さぁ救出は出来たけど、これまででも最も醜い腐食具合、さて、どうしたものか。

ううむ・・。見れば見るほど頭が痛い。

でもかっこいいな、この電車。こう、愚直に人を運ぶ為の箱ですって飾らない感じがかっこいいな。

腐食しやすい大枠との繋ぎ目はほぼ逝ってます。逆に大枠と柱はしっかりしていて、半鋼製車というものは丈夫ですね。白くなっている部分は酸化皮膜を作る薬品を塗りたくって錆を固めています。

こちらの腐食の方が酷く穴だらけです。

まずは車体全体をカップワイヤーを付けたグラインダーでケレンして劣化塗料と錆をおとしていきます。

大穴には最近使い始めた新兵器、スプレー発砲。液体をスプレーすると発砲スチロールが膨らんで、細かい穴の隅々まで塞いでくれます。

発砲が止まったらカッターで食み出しを切り取って厚付けパテを上から塗りこんで固めてしまいます。

パテ塗り完了。もうこれで雨が車体に染みこんで来るのは止まります。ここまで半日仕事です。

本塗装は暖かくなってからにしたいので、当面の下地と、近所にゴミを置いていると言われないように暫定的にぶどう色をローラー塗りしときましょう。これでも見違えるように綺麗です。

別部隊が屋根にかかっています。まず細かい修繕の前に屋根や外装を修復して、これ以上車体を傷めないことが第一です。ちなみに屋根はほとんどありませんでした。辛うじて内装の化粧版が腐らず残っていた事、骨はしっかりしていたのは幸いでした。

屋根の骨にあわせ、新しい木材を切り出していきます。

ビス止めで骨に木材をとめていきます。下から順番に屋根を仕上げていきます。

作業は深夜まで続きます。

2013年末の現状です。多くのボランティアが一歩一歩修復を進めていっています。是非参加してみてください。

クモハ73を直す会http://www.kumoha42.net/73.htm

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

1300開発中

ただ今、この様なものを開発中です。

まだまだデータだけの状態ですが、先日試作を出力してみました。1300にみえますでしょうか??

 

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

600形旧塗装冷房車が届きました

旧塗装冷房車5両セットの一般販売分が届きました。

今週末に検品を行い、週明けに問屋様へ発送致します。

今しばらくお待ちください。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

600形旧塗装冷房車5両セット

西鉄600形旧塗装冷房車5両セット 税込み定価¥7875

西鉄600形シリーズに追加製造です。お陰様で旧塗装も在庫がなくなりましたので再生産を行いました。

かねてから2灯シールドの金型を彫っていたのですが、使うこと無かったものを製品に出来ました。2灯ライトの冷房車が最もカッコよかったという熱いオールドファンの皆様のご意見を頂き、2両の2灯に3両の1灯が連なった5両編成としました。2000形登場以前は1000形の18m車4両では捌けず、収容量が大きく冷房が効いている5両の600形が良く走ったと聞いております。ある意味この編成の活況が後の2000形6両固定編成という決断が出来たきっかけであったのではないでしょうか?

今回、増産ではありますが、要望の多かった細部改良を行っております。台車の新規製作、台車取付、色ムラが見受けられた旧塗装のマルーンも並べて違和感無い程度に一段暗くして、透けないようにしています。今回は古い車両ですし、前作をお持ちの方も多く値段もしますので、製作数を500セットと絞っています。もうこのシリーズは個人的に作りたいが主軸で、ディープな西鉄電車ファンだけがついてきてくれれば良いかなとも思うところ。

中国工場で完成したとの一報がありました。発売は11月中頃になろうかと思います。

今週末は西鉄電車祭です。間に合えば空輸で100セット出したいと思います。

あと会場でサプライズ発表を用意しておきます。

 

カテゴリー: 模型 | コメントをどうぞ

蘇れ岡山臨港7001

「クモハ73を直す会(73SRP)」にアクセス、早速沢山の方に入会頂きありがとうございました。

73を始めるにあたり、何故この様なことを始めたのか?ということをお伝えせねば、またこのチームの実績をお知らせしたいと思います。

きっかけは2年前、岡山で岡山臨港の7001の前面のレストアを始めたことからでした。2年前のある日、7001が解体工事が行われていることを知り、片鉄で使用出来る部品を譲渡頂くことになりました。しかし車両の解体というものは悲しいもの、そこで、大変なことを承知で前面を切り落して貰い形見分けで前面を運び出しました。

このプロジェクトに片鉄保存会の一部有志でやろうということになり、別会計別事業でレストアを始めました。

約半年かけて多くの協力を得てレストアを行い、今年夏のコンベックス岡山の鉄道博へ展示物として見せることが出来るまでになりました。

その時の説明看板で作業経緯をご覧ください。

この作業には片鉄の有志が全国から掛け付け、各々得意分野で作業を分担し、仕上がっていきました。ボロボロだった車両が息を吹き返すように修繕され、ライトを灯し展示される喜びは何事にも変えられないものでした。

いろいろ教訓もありました。

全国にはまだまだ残したいのに、残らない鉄道車両が沢山ある。

僕らはドンドンやりたいが、かけられる時間と資金は有限であり、また人手も全く足りていない、またそれを世間に知らせていく手段も無い。

また保存に永遠は無い。いつかは終わらせる終わりが来るかも知れないが、残してしまった物はおの終わりを面倒見ないといけない。そこは個人では終わりは一代で来てしまう。特定の人に責任にならないよう、出来るだけ多くの分母で永続させなければならない。

また永遠に責任が続くのではなく、レストアするという目的の為に活動して明確なゴールを設定する。片鉄や北九の保存会とは違う方向性が必要。

そんな悩みを解決できるなら、日本の鉄道保存は一歩進化の階段を進む・・・気がするのです。

出来るだけ多くの皆様と夢を見たいと思います。

「クモハ73を直す会(73SRP)」http://www.kumoha42.net/73.htm

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

「クモハ73を直す会(73SRP)」を作りました

「クモハ73を直す会(73SRP)」http://www.kumoha42.net/73.htm

この度、広島市某所に保存されていた。モハ73の前頭部が解体の危機にある為、全国の鉄道保存に関わる有志にお声を掛けさせて頂き、緊急避難とレストアを呼びかけることになりました。

この前頭部は可部線で引退したクモハ73で比較的原型を留めた車両でした。元々は戦時設計のモハ63で4扉通勤型の始祖にあたる、日本の通勤型電車の歴史を語る上で欠かせない存在であると思います。現存する原型を保った原型のモハ63は現存していません。

当面、まだ発表できない事もあるのですが、まずは現地より運び出し、岡山県美咲町吉ヶ原にレストアベースを作り、レストアを始めたいと思います。その後については未定ですが参加頂ける皆様と議論していこうと思います。

理解ある皆様のご参加と拡散をお願い致します。

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

600形第二回増産

今、中国の工場に入っています。

新規製品の仕込み中で10月半ばまで滞在中です。

まず、600形旧塗装も在庫終了してしまいましたので、改良増産を考えています。

実は前面の金型だけ起こして、日の目をみていなかった2灯ライトを使ってみようかと思います。次は冷房が乗った状態の70年代前半の600が最も輝いていた時代を想定しています。

二灯ライト2両+一灯ライト3両で2000形登場直前の急行編成を作れたらと思います。

要望の多かった下回りの改良生産を考えています。まず台車の取付け穴の突起を0.5mm厚くして、他社台車を履いた時の当たりをなくしてみました。微妙な違いですが・・。走行の際は変わってくると思います。

あと、台車のデザインを作り直してみました。台車の車軸間隔が間違っていたので適正値にし、出来る限り細かく彫ってみました。

今回、生産工程に立会う予定です。少量生産で11月の入荷予定。

生産が順調にいけば10月20日の西鉄電車まつり目標で、急ぎ100セットを空輸して貰います。

 

その他、本命やらあれこれ仕込み中です。

カテゴリー: 模型 | コメントをどうぞ

600形増産風景

600形増産に立ち会ってきました。生産時に検査を行い、製品が間違いなく生産されるよう指導を行います。

また次回作の打ち合わせや、ヒントを求めての勉強など中国では充実した時間をすごせました。

工場では出来上がった模型が沢山並んでいました。遠い中国大陸の知らない街で我が街の電車が作られているのはなかなか感動です。

組立て前に塗装の乱れは無いか、欠損はないか検査を行います。

 

帯の赤色、社紋、窓の銀、Hゴムの灰色はタンポ印刷という塗料を載せていく手法で綺麗に塗っていきます。

ライトの銀は全てお姉さん一人の手塗り。ご苦労さまです。

出来上がった模型はバットに並び、組立てに向います。

製品は6月頭に完成し、船便で日本へ到着したとのこと。

20日発売で各地へお届け致します。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント